失業給付についての相談/例-1

会社は長い間雇用保険に入っていませんでした。組合ができて2年前 に加入しました。私は勤続7年目です。何かの理由で失業した時、失業給付は90 日間しか受けられないのですか。
自己都合では90日で同じですが、会社都合なら違ってきます。
雇用保険は、1週間に30時間以上勤務する従業員であれば、パート、アルバイト等の名称の如何によらず、働き始めた日から加入しなくてはなりません。しかし、雇用保険の加入の時効は2年なので、7年前にさかのぼって加入するのは、現実的には難しいです。
 給付日数ですが、自己都合の場合は、勤続7年で失業しても2年で失業しても90日間です。しかし、倒産や解雇の会社都合となると7年の場合が年齢に応じて120日から240日、2年の場合が90日から180日となります。また、3年後に勤続10年となって失業した場合は自己都合でも120日になります。
自己都合の場合(障害者等の就職困難者を除く)
区分 被保険者であった期間
1年未満1年以上5年未満5年以上10年未満10年以上20年未満20年以上
全年齢
90日
90日
120日
150日
倒産や解雇の会社都合の場合(障害者等の就職困難者を除く)
区分 被保険者であった期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満90日90日120日180日
-
30歳以上45歳未満90日180日210日240日
 35歳以上45歳未満240日270日
45歳以上60歳未満180日240日270日330日
60歳以上65歳未満150日180日210日240日

給付日数がかわるときは、差額を会社に出してもらうよう交渉してはどうでしょうか。